れびとら

効果の即効性が期待できるれびとら

世界で認可されているED治療薬にはバイアグラ、れびとら、シアリスの3つがあります。

 

 

バイアグラは世界初のED治療薬として最も有名ですが、そのバイアグラに次いで誕生したのが れびとらです。

 

 

開発はドイツの製薬会社であるバイエル社で、2004年から日本での販売が開始されています。

 

 

従来のED治療薬であったバイアグラとの違いは「即効性」と「食事の影響を受けにくい」という点です。

 

 

れびとらの主要成分は「バルデナフィル」ですが、作用はバイアグラと変わりありません。

 

 

勃起を妨げる原因は「PDE5(5型ホスホジエステラーゼ)」という酵素の分泌が多いためであり、バルデナフィルには、この酵素の働きを阻害する作用があります。

 

 

そもそもED治療薬は別名「PDE5阻害薬」とも呼ばれており、ED治療薬ごとの主成分は異なるものの、その作用は同じです。

 

 

ただバルデナフィルの特徴として、水に溶けやすいという性質があるため体内への吸収率が優れており、即効性が期待できます。

 

 

バイアグラの場合は服用から30分〜1時間が目安でしたが、れびとらは約15分で効果が見られ始め、人によってはそれ以上に早く効き目を実感できる人もいるようです。

 

 

また、作用持続時間も延びています。

 

ED薬 食事の制限を受けない限度

バルデナフィルの含有量によって5r、10r、20rの3種類がありますが、5rでは効果が薄いので扱うケースは少なく、10rか20rの購入になるでしょう。

 

 

10rの作用持続時間は5〜6時間、20mgの作用持続時間は8〜10時間程が目安です。

 

 

これによって余裕を持った性行為を行うことが可能となりました。

 

 

そしてバルデナフィルのもう一つの特徴として、食事の影響を受けにくいという点があります。

 

 

れびとらの説明書によると、「服用にあたり標準的な食事の影響はない(補足・総エネルギーに占める脂肪の割合が30%以内)」としています。

 

 

普通に読んでも意味が分かりませんね。

 

 

つまり、一般男性の一食当たりの標準摂取カロリーが700kcalですので、この700kcalのうち脂肪の割合が30%以内なら問題はないということです。

 

 

通常の食事で検証してみると、有名チェーン店の牛丼並盛の総エネルギーは674kcal、脂肪22.4gです。

 

 

栄養学上は脂肪1g=9kaclですので、脂肪22.4gは201.6kcalという計算になります。

 

 

674kcalのうち脂肪201.6kcalということで脂肪割合は29.9%、よって牛丼並盛なら脂肪割合30%以内で影響を受けないとされます。

 

ED治療なられびとらが有効

れびとらはED治療薬として多くの方に飲まれています。

 

 

ドイツに本社があるバイエル薬品という会社が製造販売しています。

 

 

現在れびとらは5mgと10mg、20mgが販売されているのです。

 

 

有効成分はバルデナフィルというものです。

 

 

バルデナフィルはエタノールや水にとけやすくなっています。

 

 

水にとけやすいことは他のED治療薬にはない性質となっています。

 

 

その性質のため効果を感じるまでの時間が早いのが特徴です。

 

 

このくすりを服用すれば無条件でペニスが勃起するというくすりではありません。

 

 

性的刺激をうけて初めて効力を発揮します。

 

 

このくすりには勃起した状態を、サポートしてくれる力があります。

 

 

なので服用しても興奮度が増したり、性欲が増したりすることはありません。

 

 

服用の際に軽めの食事をしても、効果に影響はないと言われています。

 

 

食事の目安は700キロカロリー以内で、脂肪分は30%以内とされているのです。

 

 

具体的なメニューで言えば牛丼の並盛りでギリギリセーフとなります。

 

 

しかし食事の後の服用と、空腹時の服用を比べると、断然空腹時での服用のほうが効果が出やすいです。

 

 

またれびとらは糖尿病患者の方にも効果があると言われています。

 

使用制限を受ける方

服用のタイミングは性行為の1時間前が適しています。

 

 

なお空腹時なら20分前の服用でも効果があるのです。

 

 

服用するときは必ずしも水で飲まなくてはならないという決まりはありません。

 

 

ただお酒で飲むのは避けておくのがよいでしょう。

 

 

特にお酒に弱い人はやめてください。

 

 

れびとらを服用できない人もいます。

 

 

硝酸剤を使用中の人は服用することができません。

 

 

急激に血圧低下する恐れがあら、大変危険です。

 

 

硝酸剤は飲み薬だけでないので、どんなタイプのものでも使用している場合は服用することができません。

 

 

他には重い肝障害や血液透析が必要な腎障害、不安定狭心症の方があげられます。

 

 

他にも服用できない場合があります。

 

 

またれびとらは成人の男性を対象に作られているくすりなので、女性の方や子供は服用することができません。

 

 

また入手方法ですが、病院で簡単に処方してもらえます。

 

 

特に予約の必要がない場合もあるので、事前に調べる必要があります。

 

 

他には個人輸入で購入することも出来ます。

 

 

なかには偽物を販売しているとこもあるので、信頼できる通販サイトで購入することが大切です。

 

 

個人輸入初心者の方でもサイト内の説明を見ることで安心して購入することが出来るでしょう。

 

即効性があるED治療薬、れびとら

EDで悩む人にとって、治療薬は便利な改善方法です。

 

 

現在日本で処方されている治療薬の中で、2番目に開発されたのがレビトラで、世界各国にその利用者がいます。

 

 

レビトラの大きな魅力の一つが、バイアグラ・シアリスに比べて水にかなり溶けやすいという事です。

 

 

溶けにくいとどうしても血中にその成分が取り込まれるまで時間が掛かってしまいますが、すぐに溶けるという事は体の中に吸収されやすい形にすぐなるという事だとも言えます。

 

 

だから、早い人であれば15分程度、遅くても大体30分程度時間があれば効果を実感する事もできるのです。

 

 

とは言っても、ED治療薬は精力剤ではないので、それを服用したからと言ってすぐに勃起してしまうわけではありません。

 

 

服用後30分位すると、性的興奮を覚えた時に、いつも以上に血液が性器に集まるような感覚を覚えるのです。

 

 

そして今まではなかなか勃起しなかったという人でも、十分勃起させる事はできます。

 

 

ただ効果が出やすいという事から、どうしても副作用も出る可能性があるので、服用する時は注意が必要です。

 

 

主な症状はのぼせ・ほてり・鼻づまり・頭痛などとなっています。

 

 

これは一時的に血行が良くなった事が原因となっているので、薬の効果が切れる頃にはこの症状も気にならなくなる物です。

 

ED薬 忌避食品グレープフルーツには注意しましょう。

どうしても頭痛が気になって性行為どころではないという人は、市販の頭痛薬を併用しても何も問題はありません。

 

 

市販薬では心配な人は、病院で相談して副作用を緩和する薬を処方してもらいましょう。

 

 

また、服用する時は基本的には水を利用するようにするのがベストです。

 

 

牛乳で飲むと胃に膜ができてしまって効果が出にくくなります。

 

 

最も注意しなければいけないのはグレープフルーツです。

 

 

果実を食べたりジュースで飲んだりするグレープフルーツですが、一緒に摂ると血中の薬品濃度が一気に上がってしまうので、重い副作用が出てしまう可能性があります。

 

 

自分の体に悪影響を及ぼしてしまわないようにする為にも、服用する時は水を用意してから飲むようにしましょう。

 

 

食事に関してですが、レビトラは食事の影響を受けにくい薬です。

 

 

しかし受けないというわけではないので、誤解しないようにしましょう。

 

 

できるだけさっぱりとした食事にし、食べ過ぎないのがポイントです。

 

 

油っこい物を食べると、牛乳を飲んだ時と同じように内臓に膜が張ってしまうので、成分を吸収しにくくなってしまいます。

 

 

あくまでも食事は腹八分目、またアルコールもできれば摂取しない方がよりその効果を実感できるはずです。