勃起不全 ED

ストレスを感じないED治療薬なられびとら

バイアグラに続き世界で2番目に誕生したED治療薬がれびとらです。

 

 

ドイツの製薬会社であるバイエル社が開発、日本では2004年から販売が開始されています。

 

 

れびとらの外箱には炎の絵が描かれているのですが、これはマッチの炎とされており、「こすれば直ぐに着火する」という意味が込められています。

 

 

要するに、服薬すると直ぐに効果を実感できるとの意味合いがあるそうです。

 

 

その言葉通り、主成分のバルデナフィルは水に溶けやすい性質を持つことから、体内に吸収される速度が速く、そのため即効性が期待できるED治療薬として注目されています。

 

 

従来のED治療薬は発現までに約1時間でしたが、れびとらは空腹時の服用なら15分〜30分を目安に効果が見られます。

 

 

また、食後の服用でも大きな影響は受けないとされているので、服薬のタイミングはあまり選ばなくても大丈夫でしょう。

 

 

主成分の含有量に応じて10rと20rが流通していますが、効き目が変わるため体質に適した用量を服用をすることになります。

 

 

入手に関しては病院で処方をしてもらうことができますが、もしも誰にも知られたくない、安く入手したいというのならインターネットから購入することも可能です。